ホームヘルパーの仕事内容とは?

ホームヘルパーの仕事内容ってどんなもの?

ホームヘルパーの正式名は「訪問介護員」と言い、利用者様の自宅に訪問してさまざまな介護サービスを行います。

 

老人ホームやデイサービスなどで働く場合は、必ずしもホームヘルパーの資格が必要なわけではありませんが、訪問介護では資格は必須です。

 

なぜなら他のスタッフもいる施設とは違い、訪問介護では通常は一人で訪問して介護サービスを提供するため、ホームヘルパーとして働くのであれば有資格者であることが求められるのです。

 

ホームヘルパーと介護ヘルパーは呼び名が違うだけで内容は同じです。

 

しいて言うならホームヘルパーが家で介護を行うのに対し、介護ヘルパーは介護をする人全体を指すとも言えます。

 

では、実際にホームヘルパーはどのようなお仕事をしているのでしょうか?

 

ホームヘルパーの仕事内容は大きく分けて身体介護生活援助の2種類があります。

 

身体介護の仕事

身体介護の仕事

利用者様の身体に触れる介護の総称で、主に以下のような仕事があります。

 

・食事介助
・入浴介助
・排泄介助(便器の使用介助やおむつ交換など)
・着替えの介助
・清拭(せいしき 体を拭くこと)
・身体整容(洗顔・歯磨き)
・移動介助
・外出介助
・体位変換介助
・起床や就寝の介助
・服薬介助
・一緒に行う家事など

 

生活援助の仕事

生活援助の仕事

利用者様の日常生活を助ける以下のような生活全般のサービスを行います。

 

・掃除
・洗濯
・調理
・生活必需品の買い物
・ベッドメイキング
・衣類の整理や修理
・薬の受け取り
・生活に関する相談・助言

 

ご自宅に訪問する訪問介護では生活援助がほとんどの場合が多く、身体介護をされたことのないヘルパーさんもいるほどです。

 

反対に施設に入所されている方に対してはほとんどが身体介護となります。

 

ひと口に介護の仕事といっても訪問介護と施設介護では仕事内容が大きく違います。

 

私も介護の仕事をするまでは、ヘルパーさんはずっとオムツ交換などの仕事をするものだと思っていましたが、実際に自分がヘルパーの仕事をしてみるとオムツ交換の仕事はほとんどありませんでした。

 

ホームヘルパーは身体介護をする機会が施設に比べて格段に少ないため、身体介護の技術がなかなか上達せず、私は仕事の合間に介護技術の講習会に行ったりもしました。

 

ただ、仕事内容が違っても介護の仕事として共通することは、利用者様を尊重して自分らしい安楽な生活を送っていただくことです。

 

また介助や援助を行うだけではなく、精神的な支えにもなれるようなコミュニケーションが大切です。

 

ホームヘルパーの仕事は苦労もありますが、利用者様と良い人間関係を築けたとき、介護の仕事をしていて良かったと思えるでしょう。

 

介護の仕事を探してみる


『介護求人ナビ』は医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。

 

どんな条件の仕事があるのかチェックしてみましょう!

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう