ホームヘルパーの資格を活かすガイドヘルパー

ガイドヘルパーの資格で就職を有利に

ホームヘルパーの仕事というと高齢者に対しての介護というイメージが強いと思いますが、実際には障がい者に対するサービスも行っています。

 

高齢者に対するサービスは介護保険法で、障がい者に対するサービスは障害者自立支援法に沿って行われています。

 

そのため訪問介護を行っているヘルパーステーションでは、高齢者、障害者両方のサービスを行っている事業所も多くあります。

 

どちらも利用者様の自宅に訪問してさまざまなサービスを提供するのですが、障がい者へのサービスの中にはガイドヘルパーの資格も持っていないとできないものもあります。

 

ガイドヘルパーとは、移動介護従業者の通称名で、各都道府県知事の行う研修を修了した者を指します。

 

ガイドヘルパーの別名は「外出介護員」とも呼ばれ、視覚、全身性、知的障害によって1人での外出が困難な方をサポートし、安全に外出ができるよう移動介護のサービスを提供するための資格です。

 

ガイドヘルパーの資格

 

ガイドヘルパーの資格は、対象者の障害状態によって以下のような3種類があります。

 

1.視覚障害者ガイドヘルパー ・・・ 視覚障害者の外出の補助を行う。

 

2.全身性障害者ガイドヘルパー ・・・ 全身性障害者の外出の補助を行う。

 

3.知的障害者ガイドヘルパー ・・・ 知的障害者の外出の補助を行う。

 

高齢者への介護は介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格があれば制限などはありませんが、障がい者に対しては知的障害者の外出介助以外の外出介助は行えません。

 

また、ガイドヘルパーの場合は資格が以下のように別々になっているため、それぞれの研修を受ける必要があります。

 

視覚障害者同行援護従業者養成研修

 

行動上著しい困難を有する視覚障害を持つ方が外出する際、本人に同行して必要な情報の提供や、移動の援護、排せつ、食事等の介護のほか、必要とする援助を行う資格

 

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修

 

行動上著しい困難を有する先天的・後天的に身体のどこかに障害を持つ方が外出する際、移動の援護、必要な介助を行う資格

 

知的・精神障害者行動援護従業者養成研修

 

行動上著しい困難を有する知的障害又は精神障害を持ち、常時介護を要する方が、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護を行ったり、外出の際の移動中の介護などを行う資格

 

どの資格を取得したいかによって受講料などが変わってきますが、介護職員初任者研修を同時に受講することで割引がある場合も多く見られます。

 

また、短期間(最短2日)・無試験で取得可能で、日本全国どこでも働ける一生涯使える資格です。

 

ガイドヘルパーの資格は単独ではなく、ホームヘルパーや介護福祉士など介護の資格と併せ持つことで、訪問介護などの在宅介護はもちろん、各種施設でも就職のときには有利になるでしょう。

 

資料請求は→ガイドヘルパーの資格講座

 

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう