介護事務のスキルはホームヘルパーの資格と合わせて取ると有利

介護事務とホームヘルパーの資格で就職を有利に

介護事務の資格は、人気講座ランキングでいつも上位になっている注目の資格です。

 

この介護事務の資格と、同じように人気のホームヘルパーの資格の両方を持っていると、就職をする上でとても有利になってきます。

 

大きな事業所の介護事務は専任の事務職員がいますが、中〜小の介護事業所では現場と兼任することも多く、私も最初はヘルパーの仕事をしながら介護事務を学びました。

 

中〜小の介護事業所では、経費的な理由からなかなか専任の事務職員を置くことができないのが現状です。

 

ですが介護事務、ホームヘルパーの両方が出来る人材となれば、就職の際に大変有利に働きます。

 

たとえ大きな事業所の介護事務専任スタッフであっても、介護をしたことがない人よりも現場もできるという資格や経験は大きなものです。

 

また、デスクワーク中心の事務系の仕事は体力的な負担が少なく、年齢を重ねても長く働くことができます。

 

介護事務の仕事の内容

介護事務の仕事

どこの介護事業所でも介護事務は必ず毎月行わなければなりません。

 

では介護事務とは実際にどのような仕事なのか主な内容をご紹介しましょう。

 

介護報酬の請求

 

介護事務にはパソコンの操作が必須となります。

 

それはレセプトと呼ばれる介護給付費明細書を作成して、介護報酬を請求する一連の仕事はすべてコンピューター管理で行われるからです。

 

ですがそれは介護ソフトと呼ばれるものが行ってくれますので、操作を覚えることはそれほど難しいものではありません。

 

パソコンのスキルも文字入力ができれば十分可能です。

 

ケアマネジャーとの連絡

 

介護事務を行う上でケアマネジャーへの報告・連絡・相談は欠かせません。

 

自分の事業所のケアマネジャーならサポートをしたり、他社のケアマネジャーとのコミュニケーションも重要な仕事です。

 

電話応対やさまざまな書類作成なども必要となってきます。

 

利用者様やご家族への対応

 

利用者様やご家族が来社されたり、電話がかかってきた時などの応対も大切な仕事です。

 

連絡事項などは確実に伝え、介護サービスが円滑に行えるようにします。

 

介護事務のメリット

介護事務のメリット

人気の資格だけあって、介護事務には以下のようなたくさんのメリットがあります。

 

@ 比較的難易度が低く短期間で取れる

 

A 就職・転職に活かせる・幅が出る

 

B 全国どこでも働ける

 

C 更新などはなく一度取得するだけで良い

 

D 体力に自信がなくても介護業界で働ける

 

他にも将来的にケアマネジャーを目指す方は、介護事務を経験しているとケアマネジャーの仕事にも役立ちます。

 

介護事務の資格は単独での取得より、ホームヘルパーやその他の介護の資格との合わせ技の方が威力を発揮できます。

 

すでに介護の資格をお持ちの方にも、これから取る方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

 

介護事務の資格講座

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう