介護職員初任者研修(旧2級ヘルパー)で介護の資格を取る

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級と同等の資格で、介護・福祉の仕事で働くための基礎的な知識や技術を身につけるためのものです。

 

介護職には年齢や性別を問わない幅広いの求人が多く、取得した資格はすぐにホームヘルパーや施設の職員などの仕事に活かせます。

 

また、家族の介護のためなど生活に直結する専門知識も身につけられます。

 

そのように役立つ資格でありながら比較的気軽に取得できるため、介護職員初任者研修は受講する人の多い人気の講座です。

 

介護職員初任者研修のメリット

介護職員初任者研修

すぐに活用できる人気の資格だけあって、介護職員初任者研修には以下のようにたくさんのメリットがあります。

 

@受験資格がない

 

介護職員初任者研修を受講するための受験資格はありません。

 

年齢・性別・国籍・学歴・実務経験など関係なく、誰でも気軽に受講して資格を取ることが可能です。

 

A講座のバリエーションが多い

 

介護職員初任者研修の講座はたくさん開かれていて、働きながらでも資格が取れるよう講座にたくさんのバリエーションがあります。

 

夜間、土日、短期取得の講座など自分のライフスタイルに合わせて無理なく受講することができ、カリキュラムの一部を通信で学ぶことも可能です。

 

B早く・安く資格を取れる

 

研修時間の合計が130時間なので、最短なら1ヶ月足らずで資格取得することも可能です。

 

他の資格と比べて短い期間で取れるため費用も抑えられています。

 

C難易度が低い

 

研修の終わりに修了評価として筆記試験がありますが、落とすための試験ではありません。

 

万一不合格になってしまっても合格するまで再テストが無料で受けられることも多く、ほぼ100%に近い合格率です。

 

勉強やテストが苦手な方でも十分資格を取ることができます。

 

D就職率が高い

 

研修を受講したスクールで就職を斡旋してもらえることも多く、卒業と同時に働くことも可能です。

 

他の業種に比べ求人率が高いため、すぐに資格を活かした職に就くことができます。

 

E全国どこでも通用する資格

 

介護職員初任者研修は国家資格ではありませんが、全国どこででも通用する立派な資格です。

 

また、一度取得すれば更新などもなく一生涯使えます。

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう