高齢者・利用者に好かれるホームヘルパー

高齢者や利用者に好かれるヘルパーとは

好かれるヘルパー

私は、高齢者介護の事業所で、たくさんのヘルパーさんや利用者様と関わるのが仕事です。

 

ヘルパーさんの採用・育成、シフト作成やクレーム処理などの業務をする上で色々なことを学びました。

 

その中で利用者様に好かれるヘルパーさんと、そうでない人がいるのだと感じています。

 

もちろん相性もあるので、全てに当てはまるものではなく傾向です。

 

このページでは、高齢者介護で利用者様に好かれるヘルパーを私見から紹介させていただきます。

 

ただし、当然のことなので、ヘルパーとして与えられた仕事はきちんとこなすことが前提です。

 

よく気がつく人

 

高齢者は我慢強い人も多く本音を出すことが苦手です。

 

そんな時などに言われなくても察して、気遣いができるいわゆる「気の利く人」は喜ばれます。

 

高齢者に限らず、自分の求めていることに気付いてくれる人は好まれるものです。

 

また、言わなくてもわかってくれる、自分を理解してくれる、そう思える人は信頼されやすいでしょう。

 

物腰が柔らかい人

 

訪問介護では利用者様の自宅に行って介護サービスを行います。

 

他人を自宅に入れるのですから、やはり身奇麗で品のある人の方が好感を持たれます。

 

これは反対の立場を想像するとわかりやすいですが、ガサツな感じの人にズカズカと家に入られるのは誰でもイヤでしょう。

 

物腰が柔らかく、高齢者のゆっくりとしたペースにも合わせられる人は好まれます。

 

明るい人・元気な人

 

人は自分にないものを求める傾向があるので、高齢者は若い人や元気な人が好きです。

 

たとえ年齢的には若くなくても明るい印象の人は好まれます。

 

一緒にいて気分が上がる、頼りになるというイメージのヘルパーは喜ばれます。

 

ニコニコと愛想がよく、ハキハキとした受け答え、元気な挨拶などは人間関係の基本でもあります。

 

利用者に好かれる人は事業所にも好かれる

 

利用者様に好かれて人気のあるヘルパーさんは、シフトが組みやすいためとても助かります。

 

一部の利用者様に熱狂的な支持を受ける人もいますが、そういうタイプの人は個性的なため、合う合わないがハッキリし過ぎる傾向があります。

 

そうするとどうしても狭い範囲になるため、シフトを組む側からは扱いにくいヘルパーさんとなります。

 

しかしそういうタイプの人も必要なので、必ずしもダメというわけではありません。

 

ただ、好かれやすいヘルパーさんの方が仕事をたくさん任せられるので、結果的に収入にも繋がるでしょう。

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう