50代で正社員になれる資格

50代から正社員になるには

50代から正社員

50代というと男女ともバリバリの働き盛りです。

 

子供が手を離れて時間ができれば、正社員で働くことを考えるようになる方もいるでしょう。

 

また、ずっと非正規雇用で働いていれば正社員になることを希望する場合もあるでしょう。

 

正社員になると責任が重くなるからイヤだという方もいますが、パートやアルバイトだからといっていいかげんな仕事をしていいということにはなりません。

 

たとえ責任が多少重くなったとしても、正社員ともなれば待遇面では有利なことがたくさんあります。

 

そのため雇う側からすれば正社員の方が経費がかさむため、非正規雇用が増えてきているのです。

 

正社員になりにくくなっている現代で、50代でもすぐに正社員になれる資格ってあるの?と思われるでしょう。

50代から正社員

 

そんな中で50代でも比較的正社員になれる可能性が高いのが介護の資格です。

 

中でもケアマネジャーや介護福祉士の資格はかなり有利ですが、どちらもすぐに取れるわけではありません。

 

規定の実務年数と所定の試験に合格することが必要となってきます。

 

ですがみんな最初は2級ヘルパーの資格からのスタートです。

 

事業所によっては2級ヘルパーを取ったばかりでも正社員として採用してもらえます。

 

これは年齢が50代の未経験者であっても正社員として採用されるという異例の職種です。

 

現に私の事業所にも入社時に2級ヘルパーを取ったばかりの54才と55才の新人さんがいます。

 

常に人手不足の業界なので、いかに就職に役立つ資格であるかがわかります。

 

50代といえば自分の親の介護を考える世代でもあり、介護の知識を持つためにもおすすめできます。

 

介護の資格は、一部を除いて1度取ってしまえば一生使える資格ばかりです。

 

「介護かぁ・・・」と思われる方もいると思いますが、あまり先入観を持たずに選択肢の1つとして考えてみてください。

 

高収入を望むのは厳しい業界ですが、キャリアアップしていくことで収入を増やすことは可能です。

 

今後も求人は増えますので、ぜひあなたに合った良い就職先を見つけてくださいね。

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう