介護の仕事をするならここを選ぶ!介護職に人気の職種と職場

介護職に人気のある職種とは

介護の仕事とひと口に言っても、たくさんの職種や職場があるのでどこで働けばいいのか迷いますね。

 

大きく分ければ施設系か在宅系かということになりますが、正直なところ職種や事業所によっては天国と地獄ほどの差がある業界です。

 

そのため、どんなところで働いたかによって介護の仕事が好きになったり嫌いになったりすることも多いものです。

 

このページでは、私を含め実際に介護職として働いている人たちの希望する人気の職種をご紹介します。

 

これから介護の資格を取って仕事を始める方に、少しでも参考にしていただければと思います。

 

デイサービス

デイサービス

デイサービスは、利用者がさまざまなサービスを受けるために自宅から通う施設なので「通所介護」と呼ばれ、在宅介護の1つです。

 

人数が50人を超える大規模なところから10人定員のこじんまりとしたところまで、その人数だけでも同じデイサービスでも雰囲気が全然違います。

 

また、近頃ではデイサービスがとても多くなったので、それぞれが独自のカラーを打ち出すために「リハビリ特化型」「入浴特化型」「お泊りデイ」など、さまざまなスタイルが考えられています。

 

デイサービスが人気の理由は、日帰りなので夜勤がないのが1番で、月給または時給なのでお給料の予測ができる・豊富なスタイルのデイサービスから選択できるなどがあげられます。

 

中でも定員の少ないデイサービスは大家族のようなアットホームさが人気ですが、就職するにあたっては送迎のための車の免許を要求されることが多くあります。

 

高齢者向けだけでなく、障がい児向けのデイサービスも増えているので今後も不動の人気となりそうです。

有料老人ホーム

 

施設系の中でも高額な料金を必要とする有料老人ホームは、夜勤などもこなせば業界でもトップクラスのお給料が得られます。

 

利用者も軽度の人が多いため、介助などが必要なケースは比較的少ないと言えます。

 

有料なので介護保険に縛られないサービスも提供でき、自由で明るい雰囲気もあります。

 

そういった理由で人気の職種ですが、利用者が元医者や弁護士などといった社会的地位のある人も多く、その分接遇に関してはとても厳しいものがあります。

 

就職するにあたっては身なりや外見・言葉遣いなど、通常の介護職よりも上のランクのものが要求されるでしょう。

高齢者住宅付属のホームヘルパー

 

最近では、施設と自宅の中間に位置する高齢者用住宅が増えてきました。

 

基本的に利用者は入居者であり自宅なので、デイサービスやホームヘルパーなどの介護サービスを受けるのも自由となっています。

 

そのため、同じ敷地内にケアマネ事務所やヘルパーステーションが入居者向けに併設されている場合も多くあります。

 

ホームヘルパーのもっとも大変な部分に「利用者宅への移動」がありますが、入居者専門であれば同じ敷地内の部屋を回るだけなので移動がとても楽にできます。

 

また、移動時間を短縮することによって訪問件数を増やせるので、収入アップも見込めます。

 

事業所によるところが大きい

 

以上が現役介護職に人気の職種ですが、これはあくまで目安でありすべてではありません。

 

介護の仕事は、その事業所の経営者の方針やスタッフのレベルなどによって大きく違います。

 

どんなにお給料や条件が良さそうに見えても、頻繁にスタッフを募集しているところは、事前に評判などを調べたほうがいいでしょう。

 

介護の仕事を探してみる


『介護求人ナビ』は医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。

 

どんな条件の仕事があるのかチェックしてみましょう!

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう