サービス提供責任者になるには?サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は募集の多い仕事

サービス提供責任者とは訪問介護において重要なポジションで、通称「サ責(させき)」と呼ばれています。

 

ヘルパーステーションの規模によって1人〜数人と違いはありますが、訪問介護事業所を運営する上で配置が義務付けられている役職です。

 

通常サービス提供責任者は常勤者であり、名刺も持つようになる管理職の位置づけで、ヘルパーステーションの顔とも言える存在です。

 

ホームヘルパーとしての仕事に加え、管理・運営の仕事もこなさなければならないため業務量や責任は増えますが、正社員としての待遇やお給料アップが見込めます。

 

正社員として雇用されることが多いので、女性が多い職種の中で男性のサービス提供責任者もおられます。

 

サービス提供責任者の需要は多くたくさんの募集がありますが、サービス提供責任者になるには一定の要件が必要となってきます。

 

以前はホームヘルパーとしての経験が3年以上あれば可能でしたが、現在は介護福祉士・1級ヘルパーの資格があるか、介護職員基礎研修・介護職員実務者研修を修了していないとサービス提供責任者にはなれません。

 

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者が行う仕事のうち必ずしなければならないこともありますが、それ以外は各ヘルパーステーションによって違ってきます。

 

そのため、ここではサービス提供責任者の必須の仕事と、私自身が行っていたことをご紹介します。

 

1.訪問介護計画書の作成

 

ケアマネジャーの立てた介護プランにしたがって、より具体的な訪問介護の計画書を作成します。

 

作成するためには、利用者様やご家族などとの話し合いや打ち合わせも必要となってきます。

 

2・担当者会議などの打ち合わせや連絡

 

介護サービスの利用を始めるときや見直すときなどには、ケアマネジャーが中心となって「担当者会議」という打ち合わせをします。

 

各事業所の担当者はもちろん、利用者様、ご家族などと最も適した介護サービスを相談します。

 

また、利用者様の変化や要望などがあればヘルパーから取りまとめて、ケアマネジャーなどに報告・連絡・相談をして対処するのもサービス提供責任者の仕事です。

 

3・クレームやトラブルへの対応

 

訪問介護ではクレームやトラブルが起こることもあります。

 

そうした場合の対応をサービス提供責任者が求められ、利用者様・ご家族・ケアマネジャー・担当ヘルパーなどとよく話し合って解決していきます。

 

4・シフト・ヘルパーの管理・育成など

 

シフトに関してはサービス提供責任者が行わないヘルパーステーションもあり、事業所によって違いがあります。

 

ヘルパー間の調整や新しいヘルパーさんへの同行・指導などを行います。

 

5・ホームヘルパーとしての仕事

 

サービス提供責任者もホームヘルパー要員ですので、通常の訪問介護のサービスをします。

 

特にサービスを開始する時にサービス提供責任者が入ると初回加算が付くため、ほとんどの場合その月内にはホームヘルパーとして入ります。

 

6・給付管理を行う介護事務

 

月末にはその月に行ったサービスを取りまとめ、介護報酬を請求するための作業を行います。

 

この介護事務はサービス提供責任者が行っている所も多いですが、専門の職員がいる場合もあるので、事業所によって異なります。

 

介護の仕事を探してみる


『介護求人ナビ』は医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。

 

どんな条件の仕事があるのかチェックしてみましょう!

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう