ホームヘルパーの仕事〜生活援助とは?

ホームヘルパーの仕事「生活援助」とは

ホームヘルパーの仕事のうち、身体介護が利用者様のお身体に触れる介助などを行うのに対し、生活援助は利用者様の日常生活全般のお手伝いをするものです。

 

お手伝いというと家政婦さんのようなイメージがあると思いますが、介護保険での生活援助は利用者様ご本人へのサポートをするもので、同居のご家族へのサービスはしません。

 

また、お掃除をするのでもあくまでも日常的な内容ですので、プロのお掃除の方がするようにピカピカに磨き上げるなどということもありません。

 

調理についても特別なものではなく、普通の家庭で毎日出されるようなものを作ります。(病気やお身体の状態で特別食が必要な場合は除く)

 

あくまでもご本人が日常生活を送る上で困っているところ、不自由なことなどのサポートをするという目的で行います。

 

生活援助の仕事内容

では生活援助の仕事とは具体的にはどのようなものかをご紹介しましょう。

ホームヘルパーの生活援助

 

1・掃除

 

利用者様の居室の掃除を行います。利用者様以外の居室や庭掃除などは行いません。

 

具体的には年末の大掃除など特別な清掃、エアコンの掃除、窓拭き、ご家族も使われるお風呂やトイレの掃除もしません。

 

2・洗濯・衣類の整理・補修

 

利用者様の衣類や寝具の洗濯、整理整頓、ボタンつけなどの衣類の補修を行います。

 

3・調理

 

利用者様の食事の用意、配膳、片付けなどを行います。

 

お誕生日やおせち料理などの特別な調理はしません。

 

4.買い物

 

日常生活の必需品の買い物を行います。

 

日常生活に必要なものですので、お歳暮やプレゼントなどの特別な物の買い物はしません。

 

5・ベッドメイキング

 

利用者様の布団を干したり、シーツや枕カバーの交換など、寝具を整えます。

 

6・薬の受け取り

 

利用者様が病院で処方された薬などを薬局で受け取ります。

 

7・生活に関する相談や助言

 

生活の中で困っていることなどの相談を受け、助言などを行います。

 

危険や変化があれば早期発見につなげ、安楽な生活が送れるよう内容によっては他機関などとも連携して問題解決をはかります。

 

担当者会議で内容を決める

 

ヘルパーのサービスが始まる前には、ご本人、ご家族、ケアマネジャー、サービス提供責任者などが集まって「担当者会議」を開き、サービス内容についてきちんと決めることになっています。

 

どこをどのように掃除するかなどはサービス提供責任者がヘルパーさんに指示するため、決められた仕事を決められた時間で行うのがホームヘルパーの仕事の基本となってきます。

 

 

介護の仕事を探してみる


『介護求人ナビ』は医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。

 

どんな条件の仕事があるのかチェックしてみましょう!

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう