ホームヘルパーの資格を活かす就職先と求人

ホームヘルパーにはどんな就職先や求人がある?

介護職員初任者研修を修了してホームヘルパーの資格を取ったら、どんな就職先や求人があるのでしょうか?

 

まず大きく分けると介護保険事業所と介護保険適用外の事業所に分けられます。

 

介護保険事業所とは介護保険を使ったサービスが受けられる施設で、訪問介護などの在宅型介護と特別養護老人ホームなどの入所型介護に分けられます。

 

就職先と求人

介護保険適用事業所在宅型介護の主な就職先

 

訪問介護・デイサービス・デイケア・訪問入浴など

 

介護保険適用事業所入所型介護の主な就職先

 

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・グループホームなど

 

介護保険適用外の施設の主な就職先

 

介護保険適用外の介護施設で主な所には有料老人ホームがあげられます。

 

有料老人ホームにはさまざまなバリエーションがあり、その利用料やコンセプトは各老人ホームごとに大きく違いがあります。

 

それに伴って働く側の条件や業務内容も違ってきますが、富裕層向けの高級老人ホームなどでは比較的高待遇の条件で求人があるようです。

 

また、病院などの医療機関の介護スタッフとして、入院患者におむつ交換などの介護を行う求人もあります。

 

障がい者介護

 

介護の仕事は高齢者だけではなく、障がい者の介護スタッフとしても求められています。

 

介護保険適用の訪問介護事業所の多くは、障がい者自立支援法による障がい者介護も行っています。

 

その仕事内容も掃除や買い物など通常のホームヘルパーと同様ですが、ホームヘルパーの資格以外に「ガイドヘルパー」の資格が必要となる仕事もあります。

 

また、高齢者施設と同じく、障がい者施設の介護スタッフとしての求人もあります。

 

多彩なバリエーションで求人が多い

介護の仕事のメリットは、多彩なバリエーションで求人があり、自分の個性やライフスタイルに合わせた働き方ができるところです。

 

夜勤や夜間サービスで高収入を狙ったり、週に数時間というまったくの副業でも働くことが可能で、年齢・性別による制限は少ない業種です。

 

現在でも求人はたくさんありますが、高齢者の増加とともに施設や事業所も年々増え、今後も就職や転職に困ることはないでしょう。

 

ホームヘルパーは女性の多い職場ではありますが、施設介護、障がい者介護では男性もたくさん求人があります。

 

求人はハローワークや情報誌はもちろん、インターネットを使った求人情報の探し方も主流になってきています。

 

介護の仕事を探してみる


『介護求人ナビ』は医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。

 

どんな条件の仕事があるのかチェックしてみましょう!

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう