介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の講座の選び方

ホームヘルパーのスクールはたくさんある

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の講座は、たくさんのスクールが多彩なバリエーションで行っているのが魅力のひとつでもあります。

 

それだけに迷ってしまうことも多いと思いますので、介護職員初任者研修講座の選び方のポイントを何点かご紹介したいと思います。

 

受講費用

 

介護職員初任者研修のカリキュラムは130時間と決まっているため、どのスクールで受講してもそれは同じです。

 

ですがその費用に関しては、まったく同じスケジュールで講座を受けてもスクールによって差があります。

 

費用の違いの理由はスクールのさまざまな事情(駅近など立地条件・講師の充実・就職サポートなど)によりますので、安いから心配というものでもありません。

 

自分の条件に合えば、費用の安い講座を選んでも問題はないでしょう。

 

公的給付金制度など費用の軽減

 

介護の資格取得には「求職者支援制度」や「教育訓練給付制度」など公的な費用の支援制度があります。

 

給付の条件に該当すれば費用を軽減できますので、受講の際に調べてみましょう。

 

また、各スクールが独自で「ネット申し込み割引」「紹介割引」などを設けている場合もありますので、上手に活用すると良いでしょう。

 

通学講座と通信講座

 

介護職員初任者研修の講座には通信制と通学制を選ぶことができます。

 

ただし通信制といっても130時間のカリキュラムをすべて通信で受講することはできません。

 

130時間のうち通信制(自宅学習)で受講できるのは40.5時間と決められており、実技のスクーリングなどは通学しないと受けることができません。

 

スケジュール

 

介護職員初任者研修の資格は、最短で1ヶ月ほどで取ることも可能です。

 

また、夜間、土日などの講座があるスクールもあります。

 

どのくらいの期間で資格を取りたいのか、どの時間帯に、週に何日通うのかなど、自分の一番都合の良いスケジュールのある講座を選べば良いでしょう。

 

就職サポート

 

介護職員初任者研修の講座を開催しているスクールでは、資格取得後の就職サポートをしているところもたくさんあり、提携事業所に就労すると、「就労お祝い金」が支給される学校もあります。

 

資格を取ってすぐに仕事に就きたい場合は、そういった就職サポートの充実したスクールを選びましょう。

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう