訪問介護の現場での高齢者に対する誤解や失敗

実践して初めてわかる高齢者のこと

「高齢者」とひと口に言っても、それぞれに個性のある人間です。

 

そのため教室で受けた勉強のセオリーが通用しないこともよくあることです。

 

また、私たちが持つ「高齢者」のイメージにギャップを感じることも多くあります。

 

そしてそうした思い込みや誤解が原因で失敗したことも数知れません。

 

このカテゴリーでは、私が訪問介護の仕事をすることで経験したこと、感じたことをご紹介しています。

 

今現在介護に携わっている方などにご覧いただいて、何かしらお役に立てましたら幸いです。

訪問介護の現場での高齢者に対する誤解や失敗記事一覧

実は薄味じゃない!?高齢者の味付けの好みとは?

私たち訪問ヘルパーの仕事の中に「調理」というものがあります。その名の通り利用者さんにお食事を作るのですが、実はこれが最もやっかいかも知れません。食材や調理法の好み、味付けや歯ごたえなどの感じ方は人によって大きな違いがあります。そのためいわゆる「口に合わない」という食事は、即クレームになる場合もありま...

≫続きを読む

 

高齢者間の世代ギャップ!?世代でこんなに違う高齢者の傾向

私たちは「高齢者」というと、いわゆる人生の先輩である「お年寄り」であると思っています。ですが、そのお年寄りに個人の性格の差こそあっても世代の差があるとはあまり考えません。もちろん資格を取るときの授業でも教わりませんので、私も実際に介護の仕事をして初めて気付きました。よく考えるとわかることなのですが、...

≫続きを読む

 

高齢者に恋愛感情や性的欲求はないと思うのは間違い

高齢者というイメージでは、恋愛感情や性欲といったものとは無縁に思えます。実際この分野はちょっとしたタブーでもあり、あまり大っぴらに語られることもありません。しかし、介護の仕事を通じて高齢者と関わるようになってからは大きく考え方が変わりました。高齢者には恋愛感情や性欲もあり、それを念頭において接する必...

≫続きを読む

 
ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう