介護福祉士国家試験の5択マークシート問題の解き方

5択マークシートの解き方

介護福祉士国家試験の問題は120問、すべてが5択のマークシート方式になっています。

 

つまり5つの中から問いに対する正解を選び出す方法です。

 

その問題の出され方には以下のようなパターンがあります。

介護福祉士試験

 

1・正しいものを1つ選びなさい

 

2・誤っているものを1つ選びなさい

 

3・適切なものを1つ選びなさい

 

4・適切でないものを1つ選びなさい

 

5・最も適切なものを1つ選びなさい

 

6・その他(優先度の低いものを1つ、など

 

正しいと適切、誤っていると適切でないはほとんど同じ意味ですが、最も適切なもの、優先度の低いものなどという問いはクセモノです。

 

5つの選択肢のどれもが正解であるように思えて、私はかなり迷ってしまうことがありました。

 

しかし120問すべてにマークするためにはスピードも必要です。

 

ひとつの問題にあまり時間をかけ過ぎると間に合わなくなってしまいます。

 

しかも120問といっても午前に60問、午後に60問ときっちり半分ずつの問題が出るわけではなく、時間も同じではありません。

 

私が受験したときは(第24回)、午前中が1時間50分で68問、午後が1時間40分で52問という試験が行われています。

 

迷ってしまう問題には何か印をつけ、最後まで問題を解いた後にゆっくりと考えるようにしましょう。

 

5択問題の解き方のコツ

 

介護福祉士は国家試験なのですから、きちんと勉強をして試験に臨むことはもちろんです。

 

ですが5つの中から正解を選び出す5択の問題の解き方には、黄金の法則と呼ばれる解き方のコツのようなものが存在します。

 

以下は私が使用した介護福祉士参考書からの抜粋となります。

 

1・美しさの法則

 

文章全体から感じられるプラスのイメージのものは○、反対にマイナスイメージのものは×が多い。

 

2・表現の法則

 

絶対にこうだ!という言い切った文章よりあいまいな表現の方が正解が多い。

 

3・利用者は神様の法則

 

利用者が「主役」で介護福祉士は「脇役」でサポートするというイメージの文章は正解が多い。

 

正しい文章のパターン・・・プラスイメージの表現・あいまいな表現・利用者を大切にしている表現の使用例

「〜配慮する」「〜を検討する」「〜は大切である」「〜の1つである」「〜などがある」「〜を提案する」「〜を観察する」「利用者の同意を得て〜」など

誤った文章のパターン・・・マイナスイメージの表現・過剰・くどい・断定表現・利用者を大切にしていない表現

「〜できない」「〜を排除する」「〜の必要はない」「〜のみ〜」「いかなる場合でも」「常に〜」「介護福祉士の判断で〜」「利用者を訂正する」など

 

問題の中にはすぐに答えられるものとそうでないものが存在します。

 

120問すべてに解答するためには、わからない問題はどんどん飛ばしてまずは最後まで問題を解きます。

 

問題が書いてある冊子は試験終了後は持ち帰れますので、わからなかったところはページの端を折ったり、派手な印をつけてもかまいません。

 

わからなくて飛ばしてしまう問題も、5つのうち○か×かがわかった部分には印をつけておけば後で考えるときも早く解答できます。

 

明らかに違うとわかるものが1〜2つは混ざっていることも多く、最終的には2択でどちらを選ぶかという状態になっていることが多いです。

 

マークシート方式はとにかく解答ができますので、集中力を切らさずに5つの中から正解を見つけ出しましょう!

 

今年は合格!介護福祉士の受験対策はどうしてる?

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう

関連ページ

介護福祉士試験を受験できなくなる!?受験資格は大丈夫?
いよいよ介護福祉士試験を受けるための受験資格が変わりました。受験資格は大丈夫ですか?受験資格となる実務者研修が修了できなくて「受験資格がない!」なんていうことにならないように注意しましょう。
介護福祉士の資格を取るメリットとデメリットとは?
介護福祉士の資格のメリット・デメリットとは?資格を取ることで得られるメリットを紹介しているページです。介護福祉士の資格を目指していいる方はぜひ確認してみてくださいね。
介護福祉士の求人とお給料の状況
介護福祉士の求人やお給料とはどのようなものでしょうか?現役介護福祉士が自分のお給料や労働条件を参考に解説しているページです。就職・転職を考えている方は参考にしてください。
介護福祉士になるには?実務経験ルートからの受験資格
介護福祉士になるには介護福祉士試験を受験しますが、誰でも受験できるわけではありません。実務者ルートからの受験資格について解説しているページです。受験前には自分の受験資格をチェックしてみてくださいね。
介護福祉士の受験資格と実務者研修
実務者研修は第28回介護福祉士国家試験から実務経験ルートでの受験資格になります。介護福祉士を目指すために必須の資格である実務者研修について解説しているページです。
介護福祉士になるには?受験申し込みから登録までの流れ
介護福祉士になるための受験申し込みから、受験後の新規登録までの流れを実体験を基にして紹介しているページです。注意点なども解説していますのでぜひご参考ください。
介護福祉士試験の合格率と難易度〜過去5年の傾向
介護福祉士試験の合格率と難易度を過去5年のデータから解説しています。これから受験される方はご参考くださいね。
介護福祉士試験の勉強が苦手な人、1人で勉強して落ちた人
介護福祉士試験を受ける勉強が苦手だったり、1人で勉強してもうまくできず落ちてしまうと言う人がいます。そうした人たちはどうすると勉強がしやすくなるのかを経験者が紹介しているページです。
介護福祉士試験を受験する時の注意点とアドバイス
現役介護福祉士が、介護福祉士試験を受験する時の注意点とお役立ちのアドバイスをしているページです。介護福祉士を目指している方はぜひご参考ください。
介護福祉士筆記試験の解答速報で一喜一憂しないようにしましょう
介護福祉士の試験が終わった夜には、インターネット上の色々なサイトから解答速報が出されます。答え合わせをして自己採点するときに一喜一憂するのはオススメできません。その理由について解説しているページです。
婚活で大人気!?介護福祉士の資格を持ってるとモテモテらしい
婚活するときに介護福祉士の資格を持っているとモテモテになる!?実際に婚活をした介護福祉士の経験談を紹介しているページです。介護福祉士のモテる理由が気になる方はぜひいらして下さいね。