介護の資格と仕事ホームヘルパーナビ

現役介護職の運営サイトです!

 

ホームヘルパーナビ

「介護の資格とお仕事 ホームヘルパーナビ」へようこそ!

 

訪問してくださったあなたは、少なからず介護の資格やお仕事に興味のある方ですね。

 

私はこのサイトの運営者で、ナビゲーターを務めさせていただく「ゆう」と申します。

 

介護福祉士の資格を持ち、サービス提供責任者や生活相談員・管理者を歴任した後、現在は統括責任者として会社全体の管理・運営に携わっています。

 

また、ホームヘルパーの講座の講師を務めた経験もあります。

 

そういった経験を活かして、これから介護の資格を取って就職や転職に活かそうと考えている方や、介護の仕事に対する疑問や不安をお持ちの方に、現役介護職としての情報をお届けしています。

 

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しく思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

介護職員初任者研修で資格を取ろう!

あなたも介護のお仕事に少しでも興味があるのでしたら、まずは資格を取ってみませんか?

介護の資格

 

介護の資格の強みは

 

@ 資格取得に年齢・性別を問わないこと

 

A 1度取得すれば良く以降は更新などがないこと

 

B 日本全国どこでも通用する資格であることです。

 

しかも比較的短期間、低予算で、その一生使える資格が手に入るのですから、取っておこうと思う人はたくさんいます。

 

実際、私が2級ヘルパーの資格を取りに行っていたときも、すぐに仕事に就くわけではなくても「役に立ちそうだから」と言うような理由の方が何人もいました。

 

施設系の介護スタッフとして働く場合は、特に介護の資格を問われないこともあります。

 

しかし、同じ介護の仕事をするならば、当然有資格者の方が条件や待遇に差が出てきます。

 

介護職として働こうと思うのであれば、まずは旧2級ヘルパー、今の介護職員初任者研修を受けて介護の資格を取得されることを強くおすすめします。

 

介護職員初任者研修は、全国にたくさんのスクールがありますが授業料などはかなり差があります。

 

ある程度は通信制度で授業に出なくても大丈夫ですが、どうしても出席が必要なカリキュラムもあります。

 

自分の予算やスケジュールにも合わせて、1番希望に近いスクールを決めるようにしましょう。

 

また、介護職員初任者研修の上位資格である実務者研修で取得することも可能です。

 

両方の資格を比較、理解した上で取得すれば、実際に介護職として働くようになるときに役立つでしょう。

 

安くて取りやすい介護の資格のスクールを探すには

ライター:第24回介護福祉士合格 管理人ゆう